素材ごとに使用感がちがってきます

象牙イメージ

近所の商店街に小さなはんこ屋さんがありました。
残念ながら数年前に潰れてしまいましたが、大変お世話になった記憶があります。
成人になって実印用の印鑑を作りに行った時も、店のおじさんがとても親切な方で、「一生ものだからね」といろいろな印鑑を試しに使わせてくれました。
それまで、印鑑なんて使えればそれで良いと思っていたので、特にこだわりはなかったのですが、初めて様々な素材の印鑑を使ってみて、それぞれ使用感に違いがある事を実感することができました。

中でも、象牙の印鑑はその使い心地の良さに驚きました。
自分の印鑑を使う時は、上から力を入れてしばらく押さえていてもかすれてぼやけるのが普通だったので、いつものように力を入れようとしたら「そんなに力を入れなくても大丈夫」と少し怒られてしまいました。
もう1度全く力を入れずに捺してみると、それだけでハッキリとキレイな文字を捺すことができました。
私には高級すぎて購入はできませんでしたが、今でも自分の印鑑を力を入れて使う度に、あの時使った象牙の印鑑のことを思い出します。

大人になってから、象牙の印鑑を購入しようかなと何度か思ったことがありましたが、結局未だに購入には至っていません。
象牙は使用する部分によって値段が違うらしく、中心部になればなるほど、滑らかでキメが細かく、値段も高額になるようです。
中には、木目のような美しい模様が入っている象牙が販売されているのを見たことがあります。
象牙の印鑑を購入する予定は今のところありませんが、あの時初めて使った象牙の印鑑を思い出す度に、またいつか使ってみたいなとは思います。

~ 便利サイト情報 ~

<低コストを実現した>チラシ印刷

安さの秘密はチラシのためのデザインセンターと流通工程を効率化!
比べてわかる安さは20,000部以上の大ロットになるとさらに実感できます。

ネットで印刷をお考えなら激安日本一のチラシ印刷総合サイト 印刷通販!

ページの先頭へ